ウクレレメーカー・ブランド

ピックアップ内蔵はステージのために

 ウクレレでいつかは発表会に参加したり、バンド組んで演奏したい場合はアンプに繋げられるタイプのウクレレ(ピックアップ内蔵)を選びます。
もともとウクレレにはピックアップが内蔵されていないものがほとんどですが、後付けで普通のウクレレを加工して、ピックアップを取り付けることもできますが、手先が器用だからと自分で加工することはおすすめしません。穴あけを失敗したり、音のバランスが悪かったり、成功してもしばらくしたらグラグラしてきたりします。後付けする場合は専門店でピックアップをつけてもらうことをお勧めします。
 
 ピックアップ内蔵モデルは機種やメーカーにより違い、高音と低音の出力を調整できるツマミがついているものや、チューナーが搭載されているタイプもあります。
 
また、ウクレレを加工せずにボディに両面テープで貼るだけのウクレレ専用ピックアップもありますので、ウクレレに穴をあけたり加工するのが嫌な方は当店で販売しております TAKECHIYO PICK UPをお勧めします。当店の通販サイトにて詳細をご覧いただけます。
 

 
 

各メーカーのピックアップと貼るピックアップ

ピックアップ内蔵モデルは側面に穴をあけて機器を埋め込んであります。そのため生音の響きがノーマルのウクレレに比べて若干悪くなる欠点がありますが、アンプを使って演奏する場合、手元で音の調整ができる利点があります。
 一方、貼り付け式のピックアップは加工を行わないためウクレレの生音に影響を与えずに使用できますが、ボリュームなどはありませんから好みの音作りをする場合はアンプで行うか、プリアンプを中間につないで調整する必要があります。ステージで音響調整の担当者(PA)がいれば自分で調整する必要はありません。
 

貼るだけで簡単なTAKECHIYO PICK UP