ラルタンについて

ウクレレのサイズ選びは慎重に

 ウクレレには様々なサイズのものがあります。ある程度サイズは決まっていますが、メーカーによって微妙な差があります。ここでは一般的なサイズのものを5種類紹介します。実際にはこれ以外に「ベビーサイズ」といわれるソプラノよりも小さなものや、バリトンという「テナー」よりも大きなウクレレもありますが、通常の店舗に置いていないことがほとんどなので、おそらく皆さんが手にすることはないでしょう。またコンサート・ロング(スーパー・コンサート)も特殊なサイズなのでわずかなメーカーしか作っていませんから店頭で見かけることは少ないと思います。

 

ソプラノ

 基本のサイズとなるウクレレです。子供や女性でもOKです。もちろん男性でもOKですが、指が太い方や体格のよい方にはお勧めしません。一般的な楽器店で「初心者なんですけど、どのウクレレが良いですか?」と聞いたら何も考えずに渡されてしまうのがこのサイズのウクレレです。基本となるウクレレではありますが注意が必要です。

ソプラノロングネック

 ボディーはソプラノ、ネックはコンサートというサイズです。ボディはソプラノなので女性、小柄~標準体格の男性におすすめです。フレット数も多いのでソロを弾くにも弾き語りをするにも使いやすいのが特徴です。ソプラノボディーなので軽めの心地よいサウンド感があります。

コンサート

 ウクレレ全般から言えば、中サイズというところでしょうか。ソプラノよりもひとまわり大きなサイズですから持ちやすい。音に深みが出ます。男性や、大きめのサイズのほうが弾きやすいと感じる方は、1本目からコンサートサイズでもOKです。

コンサートロングネック

 ボディーはコンサートでテナースケールのネック。音のピッチの安定(精度)が増します。フレット数が多いのでハイコードでの演奏やソロでも抜群に弾きやすくなります。ホールド感はコンサートサイズと同等です。テナーサイズは女性では大きいと感じる方も多いので、コンサートロングネックのほうが弾きやすいでしょう。特殊なサイズなのでわずかなメーカーしか作っていませんから店頭で見かけることは少ないと思います。

テナー

 ウクレレの中では大サイズといったところでしょう。これよりも大きなバリトンウクレレがありますが一般的ではありません。体格が大きい男性はテナーサイズを選んでください。ジェイク・シマブクロもテナーウクレレです。弦のテンションも固く指に負担を感じるかもしれませんが、ジェイク・シマブクロのような演奏を目指すならテナーです。 指が長い、腕が長い女性もOKです。